アンチエイジング(予防歯科)

予防歯科(定期健診)

高井歯科医院ではすべての治療が終わり、お口の中の問題が無くなったあとも3か月おきの予防処置(定期健診)をお勧めしています。

今までは治療が終わるとまた悪くなったら来てくださいね~というのが常識でした。ですが医学の進歩とともに

「歯科には悪くなったら行くのではなく、悪くならないために行きましょう!」

ということが科学的に判明してきました。統計的に定期的にクリーニングした人としない人の歯の残る数の違いをグラフにしたものが下の図です。
予防歯科グラフ1
実は歯の汚れの食べかすやヌルヌルの中には健康に悪い雑菌が多くいます。それが虫歯や歯周病、最近では高血圧や糖尿病などの成人病にも影響していることがわかっています。
予防歯科グラフ2
また定期健診をすれば悪くなった歯を早く見つけることが出来ます。それは歯の寿命を延すのと同時に、時間とお金の節約になるのです。

ですが多くの歯が存在するお口のなかは非常に複雑な形態をしています。ですので残念ながら、自分の歯ブラシだけでは完璧に磨くことは困難です。

そこでプロフェッショナルケア(PMTC)を歯科医院で3か月ごとに受けてほしいのです。
予防歯科 機材写真
それが歯とお口、そして全身の健康を守ります。また一度経験してもらえるとわかりますが、プロが磨いた後はお口の中が非常にさっぱり爽快です。気分がリフレッシュしますよ。
予防歯科 スタッフ写真

当院で定期健診を頑張ってくれている患者さん例


当院で定期健診をしていて8020で表彰された方の記事です。

定期検診を続ける患者さんの例
歯が長持ちする秘訣は「自分の歯ブラシと定期健診」と話してくれています。


当院に16年間以上通ってもらっている患者さんの1例です。

定期検診を続ける患者さんの例
上(平成13年11月5日撮影) 
下(平成29年10月3日撮影)

初診時に59才、現在75才になられています。
上下のレントゲンで16年間の時間が経ってますが、歯が抜けるなどの変化がありません。
しっかりとした歯ブラシと定期健診をすると歯を守れるのがわかる写真です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加